RCIC
Research Center for Industrial Culture 情報科学芸術大学院大学 産業文化研究センター

可視光通信 LIT(Light Information Technology)システムの活用

LITシステムを活用した製品やサービス展開することを目的としたシステム改良

(株)GOCCO.から相談を受け、 2013年度に共同開発した LIT システムを活用し製品やサービスに展開することを目的とし、そのためのシステム改良を行いました。ワークショップをはじめ、電球の試作など幅広いサービスを実施することができました。

プロジェクトの目的

LITは可視光を利用した通信システムであり、特にスマートフォンのカメラを使用し高速にコード受信が可能な技術である。ここでは、2013年度に共同開発したLITシステムを活用し製品やサービスに展開することを目的とし、そのためのシステム改良を行った。

連携のプロセス

連携のきっかけ

LIT活用にあたり(株)GOCCO. から、コードの情報量や信頼性の向上を相談された。

具体的な進め方

案件ごとに随時、基本的にはメールベースで情報交換し進めた。実験などは IAMASで集まって実施した。

IAMASの関わり方

送信部の小型化、コードの改善、検証方法をアドバイスした。特に、情報量を増加させつつエラーを高精度に検出する処理方法と、信号の生成復号のためのコンパクトな変換方法を考案した。

連携の成果

具体的なLED電球を試作したり、ワークショップ企画と絡めた運用など、幅広いサービスに使用することができた。

参加教員のコメント

小林 孝浩

それぞれの持つ強みの相乗効果が現れたものと思う。今後のさらなる応用にも期待したい。

  • プロジェクト名

    可視光通信LIT(Light Information Technology)システムの活用

  • 連携場所

    中国のLED製造メーカー(LIT 電球)
    グランフロント大阪ミニフューチャーシティ(ワークショップ)
    サントリー 山崎蒸溜所・ウイスキー館(音声ガイダンスシステム)

  • 担当教員

    • 小林 孝浩
  • 連携先

    (株)GOCCO.

  • 連携期間

    2016